So-net無料ブログ作成
検索選択

塔の上のラプンツェル [日常]

私、いいおっさんなのですが、「塔の上のラプンツェル」好きなんですよね。

公開時には、妻と一緒に映画館で観ました。
もっとも、観る前までは特に期待していたわけでもなく、ただ単にその当時上映していた映画の中から適当にチョイスしただけでした。

ディズニー映画の中では一番好きかもしれない。
かなりお気に入りの映画です。

まず主人公のラプンツェルが可愛い。性格も明るくて素直で愛らしい。
映画の主人公って個性的でアクが強いところがあるのですが、ラプンツェルはそういうくどさもなくて好感持てます。

「塔の上のラプンツェル」の名シーンである、灯籠をあげるシーンは幻想的で美しい。感動しますよね。大人でも感動します。大好きなシーンです。

周りの脇役が個性豊かで楽しい。
フリン・ライダーはそれほど好きではないのですが、パスカルやマキシマスなどのマスコット的キャラクターが躍動的なのは観ていて楽しいです。

そして何より本作で一番好きな点は、酒場の荒くれ者たちが良い奴ら!
酒場に行くと悪そうな奴の溜り場になっていますが、最後にはみんな良い奴になる。
ここが一番好きなんですよね。
なーんか観ていてほっこりして温かい気持ちになる。救われた気持ちになるのでしょうか、観終わった後の満足感もとても良かったです。


私と同じ「塔の上のラプンツェル」ファンにお勧めしたいのが、DVD・Blu-rayの「シンデレラ ダイヤモンド・コレクション」です。

ボーナストラックの中に、「ラプンツェルのウェディング」というショートムービーが収録されています。
これは、本作の後のお話を描いたもので、ラプンツェルの結婚式が観られます!
ショートムービーながら手抜きはなく大変面白いので、ぜひ観て欲しいです。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 1

コメント 0

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。